淡路島一周サイクリングルート & 体験記


 2015年9月25日   2016年08月16日   便利情報, 旅行   14分(8316文字)   2,438回    
広告

淡路島一周

今まで琵琶湖一周2回、しまなみ海道とロングライドしてきた自分ですが、今回淡路島一周をすることにしました笑
っでギリギリに予約したため、ホテルが1カ所しか開いておらず、宿泊した地は「洲本市」

自分は「ロードバイク」か「クロスバイク」を借りる予定でしたが、自分の調べた限りでは周りに借りられるところは無く、結局「ママチャリ」を借りて一周してきました笑

https://web.pref.hyogo.lg.jp/awk12/map.html

今回はこのママチャリで淡路島一周をした体験記と個人的にわかりにくいと思ったルートを紹介していきたいと思いますー

22日(火曜日)

大阪から淡路島

大阪から淡路島へは
阪急バスと淡路交通の共同運行のバスを利用させて頂きましたー

http://bus.hankyu.co.jp/highway/route/info/highway13.php

いやー
言い訳ですけど、大阪までに前の老夫婦が切符の購入に少し手間取ってしまい、一本遅くの到着でかなり焦っていました汗
そのため予定より10分遅い、バス出発15分前に大阪駅に到着・・・

あろうことか、急いで看板を見てしまったので阪急と阪神の表記を見間違い、間違って阪神方面へ・・・
で気づいたのは阪神の裏側に着いてからでした

その時焦りようは半端なかったです・・・
そこから猛ダッシュして阪急三番街に到着
到着した頃には出発時刻まで残り2分しかありませんでした(泣)

バスの相席になったお姉さん、汗だくでごめんなさいでした(泣)

少し渋滞していたものの、あまり到着時刻には影響せず、10分遅れぐらいで「洲本高速バスセンターに到着」!
バスは快適でほとんど寝てしまっていました笑

淡路交通

淡路交通

行きは淡路交通さんのバスでした

ちなみに大阪駅12時丁度発、洲本14時着でした
順調に行けばジャスト2時間ですね

昼食

到着からホテルのチェックインまで約2時間ほど、まずお昼を食べることにしました
チェックインの時刻までには、まだ早かったものの、一応ホテルの前まで行ってみることにー
その途中でお昼ごはんを食べるところを見つけました

そこは「笹屋食堂」という、どこにでもありそうな定食屋です

兵庫県洲本市海岸通1丁目4-11

http://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28033081/

注文したのは「玉子丼」600円
それが予想以上においしく、写真を撮っておけばよかったと後悔しています・・・

ホテル

昼食後、それでも時間があったので、近くにあった地元では見かけない「マルナカ」というスーパーへ
https://goo.gl/maps/98zEAjDduMH2
まぁ結果から言うとイオン系列で、聞き覚えのある某ポイントカードをかざした時になる「ワオンっ」という音が店に響いていました笑

店内には休憩スペースがあり、時間つぶしに最適でした
そこに置いてあった自販機に、「カルピス苺」というのがあって、恐る恐る飲んでみましたが、結構美味しかった笑
又飲んでみようかな

時間も潰せた所で今回二日間お世話になるホテル「ハーバーホテル海月」さんへ

http://www.kaigetsu.jp/select/harbor_hotel_kaigetsu/

海月館の別館らしく、ビジネス向けらしいですー

ハーバーホテルにはフロントに誰もおらず、本館(海月館)にてチェックいんを済ませてくれとのことでした
ですのでチェックイン時にもらえる鍵には、通常の部屋の鍵の他に、ハーバーホテルの入り口の自動ドアの鍵と、下駄箱の鍵がついてました

シーツ等も綺麗で、概ね満足でしたが、不満だったのが家具がいたんでる箇所が目立つということと、エレベーターが目的階までいかず、例えば3階のボタンを押したとしても、2階と3階をつなぐ階段の途中で降ろされてしまうということです笑
説明下手ですみませんが、実際行ってもらうとお分かりいただけるかと笑

本館の施設は全施設無料で利用できます
朝食は、自分のプランだと冷蔵庫の中に予め入っている物を朝に食べるということでした

朝食

朝食

これは人によって意見がバラバラだと思いますが、朝食を食べる時間を気にしなくて良いのは良かったですね
あと各階にオーブンと1階には電子レンジもありました

夕食

ホテルから撮影した夕焼け

夕焼け

夕焼け

ホテルでゆっくりと食べログなどで情報を調べてから行ったのですが、目的のお店がシルバーウィーク中ということもあり、ほとんど一杯だったので、たまたま見つけたラーメン屋に入ることに

名前は「銀麺」さん

〒656-0025
兵庫県洲本市本町4-5-14

http://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28021244/

食券制で席も小さい仕切りがあり、一人でも行きやすかったです
注文したのは「あっさりラーメン」700円

人気のラーメンはほとんど売り切れてしまっていたので、これを注文
麺は細めんで自分の好きな感じでした
ですが、あっさりという割にはベースが多分豚骨ということもあると思いますが、あっさり好きの自分にはこってりに近かったような気もしました
他にも食べたいものは沢山ありましたが、節約ということで汗

あっさりラーメン

あっさりラーメン

その後結局マクドナルドの新価格の200円、セットで500円のバーガーと、ファミリーマートで買ってきたお菓子をホテルで食べました笑
明日の一周のために蓄えておかないとね←言い訳

23日(水曜日)

いよいよ淡路島一周のスタート
自分は「洲本観光案内所」で自転車をレンタルしました

兵庫県洲本市港2-43
洲本バスセンター内

もっと早く出発したい気持ちもありましたが、ここが開くのが9時なので、スタートも9時ごろとなりました

26インチのシティタイプのママチャリと、20インチの電動アシスト付きのママチャリで少し迷いましたが、電動アシスト無しの方が達成感があるのと、下りと平坦な道ではタイヤが大きい方が有利だと考えたのでシティサイクルの方にしました
シティタイプの自転車は1日500円です
電動タイプの時間料金区分は少しややこしいのでご自身で確認してみてください

http://www.awajishima-kanko.jp/tabichari.html

自分は1000円で2日間レンタルしました
1日で一周するので1日レンタルでも良いのではと思われるかもしれませんが、この観光案内所の閉店は16:30
到底7時間ちょっとではママチャリで一周できるとは思えなかったので2日借りたのでした

これが借りた相棒

洲本観光案内所26インチシティタイプ

洲本観光案内所26インチシティタイプ

そしていよいよ長い長い1日がスタートしました

洲本ー南あわじ

洲本から出発して暫くは、少し起伏はあるものの、わかりやすい道が続きます
で、最初の大きな山越えがスタートします

そこのわかりにくいポイントはこちら
https://goo.gl/maps/3ejWb8Gfcm22
わかりにくいというか、実際間違えました笑
琵琶湖のルート紹介の時はストリートビューを埋め込みましたが、多分かなり重くなるので、今回はアドレスだけ貼っておきます

ここは右に進んで下さい
左に進むと地獄・・・いいね?(登ったら行き止まりで折り返してこなければならないだけですが・・・笑)

間違って違うところにいったおかげで体力をかなり消耗してしまい、ほとんど歩きながら押してこの道を進みました
いやー本当に最初から大変(泣)
途中であの有名な「ナゾのパラダイス 」と「モンキーセンター www.monkey-center.com」もあるので是非笑

でも淡路島は上りがあれば素直に下りがあるので、そこは唯一助かりました笑
この山を越えられれば次の山まで平坦な道が続きます

面白くないといえば面白くないですが、ママチャリの自分にとってはすごく助かるということです

海

この辺りで撮影した海です・・・
色々今回の旅の写真は雑ですが、許して下さいね・・・
疲れていてそれどころではなかったのです(泣)

で、ふたつ目の山へ、もちろん押す笑
いくら山越えといっても数キロ程度なので押していってもそこまで時間を消費することはなかったです

次の平坦な道から海沿いに行くとろこが少しわかりにくいです
県道76号線「八幡」の交差点を時計回りだと左折、国道28号線に入ります
https://goo.gl/maps/mPJGuGE96HQ2
そして暫く進むと、県道25号線に入れるところが出てきますので(「福良口」交差点)、そちらに進んで下さい
https://goo.gl/maps/xZ3AUPNmPRn
その次の三叉にわかれた交差点「福良警部派出所前」は右に曲がり、県道25号線をそのまま走り続けます
https://goo.gl/maps/S4MG6bX8QCo

ここからまた坂道が続いていきます笑
一番問題なのがここ

https://goo.gl/maps/pWktz1YPN4P2

直進すると、あの有名な鳴門岬(道の駅「うすしお」)

http://eki.uzunokuni.com/

があるのですが、岬故に行き止まりです
つまり、この交差点を右に曲がるのが本当の一周ルートですので、この道の駅に立ち寄ろうとすると引き返してこなければならないのです
しかも、距離も結構あり、坂ももちろんあるので、体力と相談して慎重に決めて下さい笑

道の駅ではご当地バーカーが食べられたり、海の幸が食べられる景色の良いレストランがあったり、玉ねぎ味のソフトクリーム、そして運が良ければもちろんうずしおを見られます
自分は右を曲がることを気付かずに、結局は来てしまったのですが、本当に良い場所でした

ただ一般観光客が多く、ハンバーガーの購入には長蛇の列に並ばないと行けなかったので、ハンバーガーは諦めました、正直後悔です
でも嬉しいことに、先ほどの山を同じぐらいのスピードで一緒に登ってきていたロードバイクの男性の方が「玉ねぎソフトクリーム」を奢ってくださいました

いやー、本当に有難うございました
もちろん疲れていて写真どころではありませんでしたので、写真はなしです笑

鳴門海峡大橋

鳴門海峡大橋

南あわじー岩屋

先ほど奢って下さった方とはお別れをして、先に岩屋方面に向かいました
ですが、最後の山を越したあたりで時刻はなんと15時笑
絶望的とはこのことです

ですが数日間かけて一周した2回目の琵琶湖一周では、到着したのが深夜1時ということもありましたので、まだまだ諦めてはなかったです(泣)

西は東と比べて迷うことはなかったのですが、緩やかな上下が常に続き、山越えで体力をほとんど失った自分にとってとても辛かったです

淡路島

淡路島

これが最後の山越えをしてからすぐにあらわれたやつです笑
行ってみたかったですが、もちろん結果は・・・
おわかりいただけますよね笑

夕焼け

夕焼け

それまで快晴だったのにかかわらず、日が落ちるにつれだんだん曇っていき、こんな感じに・・・
普通逆だろ!(#・∀・)

ちなみに晴れていた場合、西側ではかなり綺麗な風景を見られるそうです
淡路サンセットラインと言われているところもありました

スピードを出して休憩を何回もするよりも、ゆっくりでも進み続けるほうが結果的には距離を稼げることを、今までの長距離サイクリングで学んできたので、今回はその作戦だったのですが
この辺りになってくると流石に疲労がたまり、こまめに休憩してしまいました

理想では日が沈むまでに明石海峡大橋に到着したかったのですが、無理でしたね(泣)
途中でコンビニに寄って、チョコを頬張りながら死にものぐるいで明石海峡大橋の麓に到着したのは18時30分

夜の明石海峡大橋

夜の明石海峡大橋

そしてこの付近で「リカンベント」、の集団に遭遇
すごく明るいライトで道を照らしながら、集団で高速通過していく光景は圧巻でした笑

夕ごはんを食べようと思いつつも岩屋付近であまり気に入った店が無く、泣く泣くもう少し進んでみることに

岩屋ー洲本

店を探して暫く進んでいると、いい感じの活魚料理店を発見
そこは「ゑびす亭」さんでした

〒656-2304
兵庫県淡路市浜1-7

http://www.awaji-ebisutei.jp/

ゑびす亭 海鮮丼

ゑびす亭
海鮮丼


注文したのはせっかく淡路島に来て、魚介類を食べなければ帰れないということで「海鮮どんぶり」1500円とオレンジジュースをチョイス
写真には写ってませんが、お吸い物とつけものもありました

自分は生シラスが正直苦手だったのですが、この丼のシラスを恐る恐る食べてみると、難なく食べることが出来ました笑
やっぱり美味しい所で食べると苦手なものでも食べられるものでしょうか笑

お店でゆっくりして体力を回復した後、洲本に向けて出発したのでした

s-12045317_912869648796984_449909468718741596_o

こっから洲本までは真っ暗で何も見えず、ただただ道を走っていただけでした
琵琶湖もそうでしたが、淡路島も海岸道路は街灯が極端に少なく、それどころか交通量も多いので本当に怖かったです
たまに歩道がないとこも数か所ありました

やっぱり夜の安全対策はしっかりしておくべきですね
自分もヘッドライトを持って行っていたのですが、まさかの電池切れであまり意味がなく、大変危なかったです(泣)

今回はレンタルだったので無理でしたがやはりこういうのは大変役にたちます・・・

正直洲本まで説明する場所がないというか、ただただ走っていただけなのでこれだけで、短いですがもう終わりです笑
どっちかというと、自分は夜が得意なのでほぼノンストップで岩屋から洲本まで行くことができました

逆にそうでなければ交通量が多く、大変危険でした
ですので夜が苦手な方は2日間かけていくか、早朝から出発するなどして、夜は走らないようにしたほうが安全だと思います

あとは遠くに見える洲本の明々した街並みをひたすら追い続け
22時やっと洲本に到着しました
その時の達成感は言葉に言い表せないものでした笑

やっぱりこれがたまらないですね(*´∇`*)
まぁ自分は自転車が得意でないので、これを味わうためだけに長距離ライドをしていると言っても過言ではないのですが笑

この日はコンビニによってホテルに帰りゆっくりと休みましたー

24日(木曜日)

朝早めに起きて朝ごはんを済まし、9時前にチェックアウトを済ませました
ですが、あいにくの強風と大雨・・・

自転車を9時の開店直後に返却し、その後観光するつもりでしたが、これだと身動きがとれず・・・
観光案内所の中でじっとしていました

そしてそこで昼ごはんも食べました
お店の名前は「kiki’s kitchen」さん

兵庫県洲本市港2-43

http://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28029209/

おそらく魔女の宅急便のキキのことなのでしょう
店内にもそれらしき縫いぐるみが置いてありました
で食べたのが「あわじビーフカレー(サラダ付き)」だったのですが、確か600円だったと思います

これはスマホの写真です笑

カレー

カレー

地元の方々と店の方が会話されているのを聞いて、こういう感じいいなーと思っていました

食べた後、また初日のスーパーの例の場所で時間を潰して
11時20分洲本発1時20分大阪着の阪急バスさんのバスに乗車
熟睡しながら帰ったのでした、もちろんサービスは良かったです(*´∇`*)

感想

正直琵琶湖よりかは楽だと思っていたのでそこが大きな間違いでした笑
それさえわかっていれば、絶対ママチャリでは一周しなかったのに(泣)

個人的な1日で今までいった有名なサイクリングコースを難易度順でランキングすると

  • 淡路島一周
  • 琵琶湖一周
  • しまなみ海道

ですかね、でもショートカットが出来ると考えれば淡路島は気分的に楽なのかもしれません笑

あと琵琶湖とは違い、常に緩やかな坂が続くといった感じなのでそこも難易度があがる原因といったところでしょうか
マップ上では南しか坂がないように感じますが、それは大間違いですのでお気をつけて笑

さっきも書いたように夜は危険ですのであまり遅くならないようにしたほうが良いのと、しまなみ海道のように案内がわかりやすいわけでもないので、慎重に地図を見ながら進むことをおすすめします

大変でしたけど良い思い出になったのと、景色も綺麗だったので満足です
今度は車でゆっくりと観光しながら周ってみたいですね!

今回通ったルート

広告
 , , , , , ,

こちらの記事もおすすめです

Aug 16
旅行
青春18切符 宇都宮ー米原 5/5日目 2015夏
 14分   8316文字   200回
Feb 29
IT
ブラインドタッチ習得手順
 14分   8316文字   179回
Aug 15
旅行
青春18切符 盛岡ー宇都宮 4/5日目 2015夏
 14分   8316文字   256回
Nov 20
便利情報
【9.19対応】World of Tank おすすめ Mod を紹介してみる
 14分   8316文字   1,976回

最新情報をお届け!

 Facebookをフォロー
 通知を受け取る
 Twitterをフォロー

コメント