青春18きっぷ,北海道&東日本パスを使って青函トンネルを新幹線で渡る方法


 2016年1月6日   2016年08月16日   便利情報, 鉄道   3分(1691文字)   1,028回    
広告

はじめに

2016年の北海道新幹線開通により、青春18切符の青函トンネル特例かどうなるか心配なのでしたが、
青春18切符、北海道&東日本パス共に新幹線を用いることによって追加料金を払うことにより青函トンネルが通れることになりました
「新青館特例」

ここではそのルールの詳細や、かかる料金、またその料金の比較などをやっていければなと思います

青函トンネルを通る

従来の方法

2016年の新幹線開業までは特例で

青春18切符

蟹田-木古内区間に限り特急の自由席に乗ることができる
というものでした
(スーパー白鳥・白鳥)
もちろん接続は悪かったですが、追加料金なしで青函トンネルを通ることができました

追加料金

無料

北海道&東日本パス

青春18切符特例に加えて夜行列車の「はまなす」にも乗車できました

2010年の夏までは自由席に限り無料でしたが、それ以降は自由席の場合でも1,300円(青森-札幌)1,050円(青森-函館)の急行料金が必要となりました
※その他の指定・寝台を利用する場合はもう少し値段が上がる

追加料金

無料 ※はまなす利用の場合を除く

現在の方法

青春18切符

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を購入することによって、
奥津軽いまべつ-木古内【北海道新幹線(普通車の空席)】
木古内-五稜郭【道南いさりび鉄道(普通)】
それぞれ片道1回ずつ利用可能です

追加料金

2300円

北海道&東日本パス

特定特急券の購入で
新青森-新函館北斗【北海道新幹線(普通車の空席)】
の区間、相互発着に限り利用可能です

ただし、青春18切符とは異なり、道南いさりび鉄道の利用は認められていないので
木古内-五稜郭間は別に道南いさりび鉄道の切符を購入するか
奥津軽いまべつ-新函館北斗間を新幹線で渡ってしまう必要があります
(道南いさりび鉄道の運賃 木古内-函館間 1110円 ※だたし割引になる可能性もあるので詳細は公式サイトなどで御覧ください)

となると奥津軽いまべつから乗車して木古内で降りて、道南いさりび鉄道を函館まで利用した時と(五稜郭の詳細な値段がわからなかったので今回は函館にします)、そのまま新幹線で新函館北斗にいった時の差額は

新幹線のみ
2800円

新幹線+道南いさりび鉄道
1310+1100=2410円

となるので駅の位置が全然違うので正確な比較ではありませんが、いさりび鉄道を使うほうが390円安くなります

追加料金

2800円 ※奥津軽いまべつ-新函館北斗

料金比較

片道利用

片道の最低料金2200円

  • 青春18切符/2300円(奥津軽いまべつ-五稜郭)
  • 北海道&東日本パス/2410円(奥津軽いまべつー函館)
  • 津軽海峡フェリー/2220円(青森-函館)※大人(12歳以上)の最安期間の料金・学割料金有り

往復料金

往復の最低料金2300円

  • 青春18切符/2300円(五稜郭-奥津軽いまべつ)
  • 北海道&東日本パス/4820円(函館ー奥津軽いまべつ)
  • 津軽海峡フェリー/4180円(函館-青森)※上記片道条件+往復割引適用

結論

片道利用のみの場合は青森から津軽海峡フェリー

を利用するほうが安く付きそうです
ただし往復利用の場合は青春18きっぷの方が圧倒的に安いですね

まとめ

少しお金は必要となってしまいましたが、引き続き青函トンネルを通ることができて嬉しい限りです
まだ青春18きっぷと北海道&東日本パスが青函トンネルでも使えることが発表されて間もないので、情報が間違っている場合がありますのでご了承

詳しいことが分かり次第随時更新したいとおもいます
また間違ってる箇所を発見した時はコメントなどで知らせていただけると助かります

広告
 , , , , , ,

こちらの記事もおすすめです

Sep 25
便利情報
淡路島一周サイクリングルート & 体験記
 3分   1691文字   2,390回
Aug 13
旅行
青春18切符 松本ー郡山 2/5日目 2015夏
 3分   1691文字   180回
Aug 13
旅行
青春18切符 郡山ー盛岡 3/5日目 2015夏
 3分   1691文字   422回
May 11
便利情報
琵琶湖一周サイクリングを2回した僕のおすすめルート
 3分   1691文字   10,830回

最新情報をお届け!

 Facebookをフォロー
 通知を受け取る
 Twitterをフォロー

コメント