トラブル続きのJR北海道一周旅【北海道&東日本パス】6/7日目


 2018年6月10日   2018年04月20日   挑戦, 旅行, 鉄道   7分(3719文字)   12回    
広告

6日目

今日は北海道で人口3位の町、函館に向かいます

3月12日月曜日

旅路

東室蘭

朝は宿泊したホテル、ニューバジェットの朝食サービス!
クロワッサンとチーズパンとあと何か忘れた汗

ニューバジェット朝ごはん

パンと、スープとドリンクだけでしたが、これで十分ですね!

昨日の夜、駅から帰ってくるときは雨でしたが、それから雨が雪に変わったのか、うっすらと積もってました
そこには色々な動物の足跡が、、、

足跡

カラスか何かの足跡を写真におさめました
見ていて面白かったですー

何だかんだ言って北海道来てから積もった直後の雪の上を歩いたのは初めてだったかも!

犬か猫の足跡も発見しました
犬にしては人の足跡がない、野良犬か猫なのか、、、?
足跡を辿っていってみるとちゃんと横断歩道を渡って反対側の車道に向かってました
リードが長かっただけなのかな?

東室蘭-長万部

472D 普通 長万部行

長万部行

長万部まで乗り換えなしでいけるダイヤは上りで2本のみ、、、、
通勤、通学ラッシュなのか車内の席はそこそこ埋まってます(ボックスシートに座れなかった、、、!

この人たち本数が少ないこの路線で通勤や通学をしたとしても、帰りどうやって帰ってるんだろう?不思議です

途中さらに人が増えて立つ人が出てきました
北海道来てから立ってる人見るの初めてかも、、、!

それにしても、道南に入ってからトンネルが多い
割と最近開発された都市が多いのかな、、、?

霞んでて綺麗じゃないけど海ー!!

海

伊達紋別駅でほとんどの人が降りたので、ボックスシートに移動
キハ150だったので2列、1列でシートが並んでいるのですが、1列の方に座りました!
もちろん海側ー
気色がすごく良かった!

そして長万部到着

長万部駅

ここから北海道一周旅行で最長規模の、次のダイヤまで地獄の4時間30分待ちがはじまるのです!
待ち時間は長いのですが、飲食店多くて、どれも美味しそうなので、時間つぶしできる場所は結構あります

とりあえず早く食べ過ぎても仕方ないので、長万部駅の周りを一周することに
駅の横の歩道橋を渡ると、温泉街がありました

長万部温泉

本来は温泉に入ろうかなと思ってはいましたが、バスタオルを持ってくるのを忘れてしまい、結局諦め、ぐるっと回って踏切を渡り、また歩道橋のところまで帰ってきました
それでも時間の余裕がかなりあったので、歩道橋で特急列車を撮影することに、
スーパー北斗の5号と6号を撮影しました

スーパーほくと

その2本の特急の間に通りかかった地元の方に鉄道村という、過去の鉄道品を展示しているところを教えて下さいました、公共施設だったので、月曜日はお休みだったのですが、その方がカフェを経営されているということで、折角なのでその方のカフェに行って見ることに!
歩いて5分ぐらいのところという情報しか聞いていませんでしたが、グーグル先生に聞いてみると、温泉街の方面にはカフェが一箇所しかないらしく、すぐに見つけられました

しかし、まだ開店前だったようで、もう暫くしてから再び来ようと思った瞬間、先ほどの方がでてきて、開店前にも関わらずお店に入れてくださいました
何処にも情報がなかったので、値段や昼食になるものがあるかどうか心配でしたが、サンドウィッチやトーストなどもあり、しかもかなりお手頃な価格でした
自分はココアとおしることサンドウィッチを注文!920円也

おしるこ

次の函館行きの出発時刻ギリギリまで居させていただきましたし、待っているときに雑誌なども持ってきてくださり暖かい歓迎でした
更に気を使っていただいてカイロや手袋なども下さり感無量です

途中で常連客さんがやってきて、その方が手作りヨーグルトを店主の方に持ってこられたんですが、それをなんと自分にも一個分けてくださりました
手作りだそうなのですが、滅茶苦茶濃厚で美味しかった!
声をかけてくださってなかったら4時間ぐらいすることがなく、途方にくれるとこでしたが、声をかけてくださったお陰で暇することなく待ち時間を過ごせました
本当に感謝です

ブログに載せることの伝えていませんでしたので、場所等の具体的な情報は控えさせて頂きます

長万部-函館

2842D 普通 函館行

函館行

函館行き約3時間の乗車

車両は言うまでもなくいつものあれです

今回は同族が多い模様
一番驚いたことは、さっきの電車に乗ってた方にまた出会ったこと!

その方は長万部駅の二駅前ぐらいで下車されてたので、時間つぶしのついでにハイキングでもされていたのでしょうか?
ただ、歩いて来られたんだとしたら、スーツケースも持ってらっしゃったしかなり大変だったでしょうね(汗)

山や海が綺麗で、楽しい路線でしたー
ちなみに砂原線経由でした

函館

到着後すぐに東横INN函館駅前朝市にチェックイン、
昼までは同じ東横INNの函館駅前大門に宿泊予定だったのですが、朝市の方が駅から近いことが判明したので、そちらへ
安い方のシングルAがあったのでそちらにしました

当初は函館山の頂上から夜景を撮ろうとしていたのですが、期間外で自動車用ルートが通行止めであり登山バスは運行していませんでした
登山バスなら1000円の市電、バス1日乗り放題で登れるのですが、ロープウェイは1回の往復だけで1200円かかる上にホテルから最寄りまでの路面電車代も往復かかってしまうので断念、、、!

防寒着あまり持ってきていなかったし、三脚もなかったからそれで良かったのかもしれない
ていうか防寒着あったら多分登山していた笑

函館山に登らないということで、市電の600円の1日パスが候補にあがるのだけど、特別に観光してみたいところもあるかと言われれば微妙なので、チェックイン後も悩んでました
でも、電車でGO旅情編をやっていた自分としては、いままで1回しか函館市電に乗ったことが無かったので、もう少しゆっくりと乗りたいと思い、駅の観光案内所で1日乗車券を買いました

まず空が焼けそうだったので、八幡坂に行けば良い風景が撮れるかもと思って、函館駅前から市電に乗ったのですが、八幡坂の位置が記憶と違っていて逆方向に乗ってしまいました笑
昭和橋で引き返したのですが、もう手遅れで、最寄りの末広町に着いた頃にはマジックアワーも終わってました

ちなみに下の写真が昭和橋で撮影した函館市電の写真です

昭和橋より

夕日はダメでもイルミネーションは撮れるのではないかと思い、向かってみましたが、2月でイルミネーションも終了していたらしく、それも見られませんでした
自分の運がある意味恐ろしい()

ただやっぱり坂の下に見える港は綺麗でした

八幡坂

これを撮るだけでも一眼を持ってきた価値ありました(ただし三脚はあるとは言ってない
その後ベイエリアにいこうと思いましたが、最寄り駅が同じ末広町だとは気づかず、湯の川方面に乗ってしまったので、十字街に向かい、谷地頭(やちがしら)に向かって路面電車と坂のコラボの撮影をしにいきました

谷地頭駅

そのあとは乗ってきたやつとは違う次のダイヤ路面電車に乗り、湯の川に行き、また引き返しベイエリアの末広町に向かいました
本来は函館どっく前も行きたかったですが17時を過ぎたあたりから急激に本数が少なかったので、諦め末広町に直行しました

ベイエリアは綺麗でした

時間が遅かったからなのか、期間が終わっていたのかわかりませんがクリスマスツリーは光ってなかったと思います
そこで夕ご飯を購入
夕食は、この前の旅で美味しかったラッキーピエロに
函館駅前のところ(前回と同じ)に当初は行くつもりでしたが、折角なので前回とは違う店舗である本店に行きました

ラッキーピエロ

やっぱり人気店だけあってかなりの人がいていました
この前はダントツNo.1セット(チャイニーズチキンバーガー、ラキポテ、烏龍茶)を頼んだので、今回は人気3.4であるとんかつバーガーとラッキーチーズバーガーを注文!
ホテルに持ち帰るためにお持ち帰りにしたのですが、予約してなかったのでそこそこ待ちました!

そして商品を受け取り、路面電車も本数も少ないし、臭いがきついのも申し訳ないので、徒歩でホテルまで戻りました(15分ほど
ホテルで食べましたがやっぱり美味しい笑

ラッキーピエロバーガー

また機会があれば食べに行きます
次は函館山バーガーにしようかなー
でもお腹がすいた状態でいったのにも関わらず、ハンバーガー2つ食べただけで結構お腹いっぱいだったので、果たして函館山バーガーを食べられるかどうなのか笑

そして就寝

明日は最終日、小樽経由で新千歳空港に向かい関西に帰ります

広告
 

こちらの記事もおすすめです

Feb 1
旅行
青春18切符 王寺ー甲府 1/4日目 2015冬
 7分   3719文字   150回
Aug 13
旅行
青春18切符 松本ー郡山 2/5日目 2015夏
 7分   3719文字   205回
Jan 5
鉄道
500 TYPE EVAの撮影に新神戸へ
 7分   3719文字   977回
Apr 30
挑戦
トラブル続きのJR北海道一周旅【北海道&東日本パス】2/7日目
 7分   3719文字   20回

最新情報をお届け!

 Facebookをフォロー
 通知を受け取る
 Twitterをフォロー

コメント