1号線走破


 2018年1月3日   2018年01月03日   旅行   11分(6301文字)   21回    
広告

お久しぶりです

昔は内容はスカスカでも1ヶ月に1回ぐらいは投稿していましたが、今はもう全然ですね。
何をするにしても年をとってしまったのか、好奇心というかそういう類のものが失われている気がします。

今書いている途中の記事も幾つかありますが、来年の3月を節目として全て書ききることができると良いと思ってます。。。

1号線ドライブ

将来やりたいと思っていることが一つあります。
それは、大阪ー東京間のサイクリングなのですが、今回はその下見を兼ねて1号線を使いずっと下道でドライブすることに。

運転していたので写真は食べたものぐらいしか撮ってないです。
しかもスマホで撮影したものが多いのでお許しを。

はじめに

最初に、今回のドライブにあたってですが、
1号線だけをカーナビに案内させる方法を自分は思いつけなかったので、今回どうやって1号線を辿ったかを書いておきます。

まず以下のサービスのルートラボ


を利用し、まず1号線をたどるようにしてルートを作成。

(他の方が作ってくださっているのもあるのですが、1号線の場所が変わってしまっているとこがあり、結局自分で作ることにしました)

そして、そのルートを出力し、「ランタスティック」に読み込み


「ランタスティック」のアプリ、「RoadBikePro」でそのルートを表示させ、それを参考に走りました。

この方法は以下の記事を見てヒントをえました。ありがとうございます。

注意点としてはルートラボのルートは一方通行などは考慮されないので、あまり信用しないほうが良いと思います(笑)
自分も途中逆走しそうになったところがありました(汗

1日目(2017/12/27)

まず計画では1日目には静岡につきたいと思っていました。
時間にゆとりをもって計画したつもりでしたので、観光もかなりの箇所をめぐることができると思ったのですが、結果的には悲惨でした(笑)

GPSで記録した1日目のルートは下になります

まず混むことを予測して、個人的にはかなり早めだと思われる午前7時に出発したのですが、物凄く渋滞・・・
出発地点の「梅田新道」交差点まで、2時間もかかってしまいました

大阪の特徴としては、とにかくバイクが多い!
東京とは違い、大阪は所得のバラ付きが大きいと聞いたことがあります。
また、空襲のときに東京ほど被害を受けていないと思われるので、古い車庫がない建物や細い道が多く、保管や渋滞回避の点でバイクを利用する人が多いのでしょう。

人情は厚いですが、大阪の運転はせっかちなので道はなかなかゆずって貰えません(笑)
大阪や奈良を運転される方は早めの車線変更を心がけたほうが良いですね!(経験談

新道交差点を出発してからしばらくは、とにかく曲がる箇所が多いので、道がよくわからない場合は無難に道の中央に近い車線を走っておいたほうが良いと思います。
あとこれはここだけの話では無いですが、国道の場合は看板などに案内が丁寧に示されていることが多いので、看板はよく見ておくとそんなに道に迷うことは無いと思います。

ただ東京と大阪は少し不親切でした(汗

京都は一瞬であまり書くことはありません。
滋賀県は混まないだろうと勝手に思っていましたが、場所によってはあまり京都、大阪と変わらないほど混んでいました。

滋賀県でやっとお昼、食べたのは15時頃。
すき家の「とろ〜り3種のチーズ牛丼」(大)630円をいただきました!

住んでいるところが奈良県なので、奈良を出発し、大阪、京都、滋賀と家を出てから8時間近く運転しているのにもかかわらず、まだ滋賀県までしか到達できていないので、この時点でかなり絶望的でした。。。。w

まだ関西すらも脱出できていないという状況でしたので、観光は諦め、道の駅だけめぐることに

滋賀県に1号線の最初の道の駅「あいの土山」があります


楽しみに行ったのですが、まさかの定休日!
道の駅に定休日があることを初めて知りました(笑)
ちなみに定休日は火曜日です!

そして諦めて出発!
滋賀県の後半は比較的渋滞は緩和されていましたが、伊賀を超えて三重県に入るにつれ少しずつ渋滞に巻き込まれていきました。

伊賀越は正直いってそんなに高い山を登っているという感じでもなくあっさりしていました。

超えたあたりに2つ目の道の駅、「関宿」があります。


自称?世界初の注文を受けてからコーヒー豆を挽いて淹れる自販機がありました。

あまり大きくないですが道の駅らしく特産物が売られていたり、関宿についての歴史の説明などがありました。

そこを出発し、四日市あたりをすぎると名古屋の文字が看板に見られるようになってきます。
四日市では近鉄を見ることができました!
奈良の人は近鉄にかなり馴染みがあるので、親近感がわきます!
(奈良線、橿原線、京都線、南大阪線、吉野線、けいはんな線、田原本線、大阪線などなどかなりの路線が奈良県内を走ってます)

名古屋は、名古屋駅の近くをかすめないので一番混むポイントは通らずに済んでるとはいるとは思うのですが、それでも渋滞は酷かった。
そして横長なので愛知県がとにかく長い。。。
ただナンバーの種類が多いので地域が変わるごとにナンバーの地名も変わるので面白かったです。

三河、豊田、名古屋、尾張小牧などなど種類が豊富です!

ただ、運転があらい!
車線変更のウインカーなんてする人の方が少ないんじゃないかと思うぐらいです(笑)

車線数は多いですが、案内が案外丁寧なので助かりました!

ただ残念なことに夜になっていて気づかなかったのか、道の駅「藤川宿」を逃してしまいました。

長い長い愛知を抜け、静岡に到着したのが20時ぐらい、ここからまたも横長の静岡です!
昼ごはんを食べたときはどうなることかと思っていましたが、なんとか目的の静岡まで辿り着きました!

道の駅「潮見坂」で休憩し夕ご飯の場所を目指しました!


ここは昼景色が良いと思うのですがあたりは真っ暗
ただし風と塩の香りだけ感じることができました

その時はしまっていましたが、しらすアイスなどの食べる箇所も多くあり良さそうでした。

そして、この日の夕ご飯は前から食べて見たかったハンバーグチェーンの「さわかや」
今回は1号線に近かった湖西店におじゃましました。(バイパスを降り少し寄り道しました)

午後9時ぐらいだったのに混雑していて、さすが有名店だと思いました。
ナンバーを見ると地元ナンバーも多かったので愛されてる店なんだと実感しました。

待つこと20分ようやく店内へ!

注文したのがこちら「おにぎりハンバーグ」950円、奥に見えるのが一緒に行った友達が頼んだ「げんこつハンバーグ」1058円
自分はハンバーグに加え、ライスも注文しました

少し高かったですが、味は想像以上に美味しかったです!人気店の理由がわかりました!
そこで今日の宿泊場所を決めました。

浜名湖も見たかったですが、真っ暗になっていたので諦めました。
さわやか、を出発して小一時間ほどで宿泊地の道の駅「掛川」に到着しました。


結局到着したときには23時をまわっていました。

バイパスと隣接しているので、道の駅というよりもSAのような感じでしたね
ここはそこそこ広いです!

トレーラーの先導者や軽四トラックの運転手が先に仮眠をとられていました。
軽四のトラックはリクライニングができないと思うので、かなり車中泊はつらそうですね。

途中で自分が追い抜かしてきたキャンピングカーもあとでやってきました。

そして今日は就寝!毛布ももっていっていたので、途中起きることもなく、ぐっすり眠ることができました。
アイドリングストップをしない場合、毛布二枚で寝るのが一番快適でした

今回は何世代か前の軽四で行ったので、リクライニングしか出来なかったですが、今の車はフラットにできる車が多いのでもっと快適だと思われます。
運転席で寝ましたが、どうしてもクラッチなどのペダルが邪魔になって足を伸ばしにくく寝づらかったです。

2日目(2017/12/28)

二日目は道の駅のコンビ二で朝食を買い、車の中で食べてから出発しました。

少し走ると道の駅「宇津ノ谷峠」に到着します。


駐車場にとまってお手洗いに行っただけなので、どんなとこだったかはわかりませんでした。

掛川から宇津ノ谷峠までのGPSログは、宇津ノ谷峠から東京までのやつと分割して記録してしまいました。
そのため、この日通ったルートの地図にはこのあいだの記録はありませんが、ご了承ください。

以下が2日目のルート地図です。

ここから箱根までは一瞬でした!
静岡は混んでるところが少なく、バイパスが多かったので正直一番快適だったと思います。

またこの日は晴れていたので、富士山が綺麗に見られました!

ちなみにこの写真は道の駅「富士」からの撮影です。
上り線の場合は、道の駅の裏の道へ行くと富士山がよく見えます。

ここも早かったのでまだ開店してませんでした。

ここから1号線が二箇所あるところが多く、静岡でも市街を通るルートとバイパスのルートがありました。
この日の17時には東京の今日泊まるキャンプ場についていないといけなかったので、昨日の反省から本来のルート(地図上グレー)とは異なるバイパスルートを進みました!

そして、箱根!
勾配を見るとかなりきついらしいですが、車なのでらくらくでした。

箱根に1号線最後の道の駅「箱根峠」があります。


ここは車内休憩しただけなので、入ってはいませんが、1号線の中では一番小さい道の駅だと思います。

晴れていたので芦ノ湖が綺麗にみれました。
箱根でお風呂も入りたかったですが、意外と峠を超えるのに時間がかかってしまい、入れませんでした。
その代わりに、箱根湯本駅にある「エヴァ屋」にいきました。

小さいお店ですが、外国人の方が多く、オリジナルグッズも沢山ありました。

昼はその地の名物を食べたかったですが、キャンプの受付時間に間に合いそうにないので、諦めマクドでドライブスルー
1号線で片道一車線のところは少なかったですが、意外にも湘南周辺は片道一車線でした。

住宅街の近くを走るので周囲に見られる景色に生活感があり、みていて楽しかったです。

そして横浜市内、ここも一号線が二箇所に分かれていて、どちらに行けばよいかわからないので高架の方を選んでしまいました。
しかし、その1号線は横浜新道という高速のようなところにつながっていて、少しですがお金を取られてしまいました。

でも結果的にはそこでその道を通っていないと、キャンプ場に間に合わなかったので良かったと思います。

そしていよいよ東京へ、流れはあるのですが、信号がよく引っかかるので抜け出すのに無茶苦茶時間がかかりました。
しかも、都心に近づくにつれ軽自動者はいなくなり、高級セダンか営業車ばかりに。。。

もちろん普通車ばっかで信号の間隔も短いので加速がみんなはやいはやい!
ついて行くのがやっとでした。

東京の1号線も曲がる場所が多く、しかも車線数が多いので大変でした!
ですが親切な方が多いのか、ウインカーを出すと譲っていただけることが多かったのでそんなに苦戦はしませんでした。
そして、車の中から東京タワー、スカイツリー、皇居などを見ることができたので、新鮮で楽しかったです。

そして起点の日本橋に到着!

そこからキャンプ場に向かっていたのですが、受付は16時までという衝撃の事実が発覚、キャンプ場から電話がかかってきました。。。
30分程度で到着すると伝えたところありがたいことに、少し待っていただけました。

迷惑をおかけしました。

その日宿泊したキャンプ場がこちら!

東京の中ではかなり破格の金額で宿泊が可能です!
(大人一人600円/日、駐車料金500円)

海釣り公園と隣接しており、釣りをやっている人は遅くまで釣りを楽しめます!
その他、トイレやかまど、炊事場などの設備も整っており、とても使いやすいキャンプ場でした!

次の日東京観光をし、その日の夜から高速にのり、中井PAで車中泊しました。
中井PAにはシャワーなどがあり、SAなんじゃないかと思えるぐらい快適でした!

翌日、混むところ以外は全て高速を使い関西に帰りました!

普段は高速がそんなに好きではないのですが、過酷な一般道を走りぬいたあとだったので、この日だけはとても楽しんで走ることができました。

最後に

1号線だけで東京に行こうとはもう二度と思わないとは思いますが、高速では味わえない様々な地域の雰囲気を感じ取ることができてよかったです。
同時に、死ぬまでに一桁国道は走破してみたいなと思いました。

今度はゆとりをもって観光もできるように計画したいですね!
また車中泊が意外といけることが分かったので、今後の旅費削減に今後も活用していきたいと思います。

広告
 

こちらの記事もおすすめです

Aug 13
旅行
青春18切符 松本ー郡山 2/5日目 2015夏
 11分   6301文字   198回
Feb 1
旅行
青春18切符 王寺ー甲府 1/4日目 2015冬
 11分   6301文字   149回
Apr 30
挑戦
トラブル続きのJR北海道一周旅【北海道&東日本パス】2/7日目
 11分   6301文字   11回
May 10
挑戦
トラブル続きのJR北海道一周旅【北海道&東日本パス】3/7日目
 11分   6301文字   12回

最新情報をお届け!

 Facebookをフォロー
 通知を受け取る
 Twitterをフォロー

コメント